今日も明日もスケート三昧

ひゃっはー!

日曜日午前中〆切、ということは土曜日じゅ

スケーターTERU, · カテゴリー: こんな毎日

日曜日午前中〆切、ということは土曜日じゅうになんとかめどをつけておかないとな、と頭では分かっていても、やっぱり明るいうちは仕事をする気になれない。だからといって、日が落ちたらすぐに取り掛かるのかというと、やはりそうでもない。ネットサーフィンやったり、mixiに書き込みをしたりなんやかやで、実際に原稿を書き始めたのは夜の9時ごろ。

資料がたんまりあるので助かったのだが、例によって資料の海に溺れそう。
まあ、香◯真司がどういう男なのかはだいたいわかった。

例によって全体の6〜7割ができたのが3:00ごろ。ちょっと仮眠をとろうと横になったタイミングで、れもん汁さん+もろきゅうさんから、「今、バーミィーにいるから飲みに来ないか」という悪のお誘い。パークアクシス代官山(‘▽’*)ニパッ♪これにつきあうと「午前中」があやしくなるので、心を鬼にして断る。「おごってあげる」ていうんならいってもいいかな。言うわけないか。まあ、今から行ったらお店も迷惑だろうから自粛だ自粛。

で、仮眠をとって朝6:00から続きをやる。
当然、「仮面ライダーウィザード」はちゃんとみて、前日買ったマルちゃん正麺塩味を食べて、少し余裕がありそうだからもう一度仮眠して、なんとかさっき、16日の午前中に仕上げましたよ。11:56にメールしたんだからぎりぎりですな。

まぁなんだ、レジ古過ぎたって事だ。

スケーターTERU, · カテゴリー: こんな毎日

まぁなんだ、レジ古過ぎたって事だ。
(他にもいつも優しいY室さんの方でも問題有ったみたいだけど…)
(でもY室さんには優しくしてもらってるんでセツは余り書けないなぁ、なんて)
(言っちゃえばY室さんのまんまでも働けるんだし。クソ面倒臭くなるだけで)
だから来週って事になりました。
4月2日からレジと料金がまとめて新しくなるそうです。
でさ、其の4月2日のレジ…朝から担当するの、新人じゃないけれど下っ端のセツなんだ…

ぶっつけ本番だから!みたいなノリにセツは愕然として、呆然として、
苛立ちすら覚えて立ち尽くしたワケですが。N.HOOLYWOOD
いつもなら「若いから大丈夫」と適当な扱いを皆にされています。
が、今回ばかりは同情してもらえたらしく「当日私居るから!」とか
「新人さんが居るって事は事務所も人居るって事だし!」とか
遅番のが大変だけど遅番に回せば良いし〜人が減るのは確かだし〜と、
色々と慰めてもらいました。あれ、何だろう、皆が優しいぞ…(´;ω;`)ブワッ
救いの言葉は嬉しいけれど、ぶっつけ本番でレジ当番の事実は変わらない。
でもま、頑張るしか無いさ。
皆がフォローしてくれる。他人に頼るのは良くない事だろうけど、
でも頼りになる人が沢山側に居てくれるって事実は嬉しい事ですね。

今日もYクリニックへ。14:30に着いたが

スケーターTERU, · カテゴリー: こんな毎日

今日もYクリニックへ。14:30に着いたが、15:00からというので、中野ブロードウェイで時間を潰し、さあ、行こうとしたタイミングで、「クレージーキャッツ」のママとバッタリ。そういえば、3日前の土曜日には、路上でマスターにも会ったな、こりゃあ、そろそろクレージーにも顔を出せというサインかも。

足の指は順調に回復。患部をみた医師は、
「これなら大丈夫でしょう。次回は金曜日(28日)にきてください。それで、なにもなければ。イプセ渋谷∬´ー`∬ウフ♪治療は終わりです」今日包帯を取り替えてくれたのは看護士のおっさんだったが、やっぱり、こういうのは看護婦さんにやってほしいもの。

この日は、夕方から予定があるのだが、少し時間が余った。こういう時は…パチンコパチンコ。というわけで、いつものニラクサンモール二号店で「AKB48」。4K突っ込んで、回収が3K+余り玉が1000円オーバー分。ほぼトントンである。余り玉は「ペヤング5個とカップヌードル2個」と交換。あまりにもかさばるので、いったん自宅に戻らねばならなくなる。

なにをやってるんだ。

スケーターTERU, · カテゴリー: こんな毎日

なにをやってるんだ。増やすつもりでものすごく減ってるではないか。
こうなると、逆に「歯止め」がきかなくなり、ちょういと高めの中野T店に顔を出してしまうバカな私。やけくそ気味に「フラングゲット」や「カーネーション」なんかを歌う。

途中で、瞳孔を開かせる目薬も切れてきたので、サングラスをはずして歩いて帰ろうとしたが、途中、セブンイレブンに立ち寄ったとき、あまりの明るさに眼が痛くなるのを自覚。やはり、まだ「正常」には戻っていない。ZOOM池尻大橋へ引っ越し決まりました。あわててサングラスをかけなおして、夜の道を歩く怪しい男。

ここで、ふと思い立って、平和の森公園のグラウンドに立ち寄って空を見上げる。

案の定だ。

瞳孔が開いた状態の「裸眼」で夜空を見ると、通常はみえない星までがよく見えるのだ。月がまぶしすぎるので、月の周辺はダメだが、それ以外は、田舎の空気のすんだところで見るような「満点の星」が東京のど真ん中で鑑賞できる。うーん、ケガの功名というか、こういう「利点」があるとは、お医者さんも教えてくれなかったな。

診療費、薬代、遊興費とかなりの散財をしてしまったが、最後の最後で精神的に満足できた一日だった、ということにしておこう。